外車の空ぶかしは最も危険

高級外車などに乗っていると空ぶかしをするようなドライバーさんはほとんどいないと思いますが、若いドライバーさんなどの場合にはマフラーを交換していたりすると空ぶかしするようなケースもあります。しかし、外車での空ぶかしというのは最も車に負担を与えてしまい、故障の原因になるので絶対に避けたほうが良いと思います。もちろん日本国内で作られている車でも空ぶかしをするというのは車に良くないことですが、外車の場合には特に大きなトラブルになってしまうことが多いのでしない方が良いと思います。

マフラーを交換していたりすればどうしても音が聞きたくなり、空ぶかしをして何度もおとを確認するようなドライバーさんもいると思いますが、あくまでも普通の走行中に聞いている音だけで我慢した方が良いと思います。万が一空ぶかしをしてそのまま車にトラブルが起きてしまうようなことになれば、修理にもたくさんのお金が必要になるし、外車の修理には時間が必要になってしまうので、自分の車を預けて代車に乗っていなければなりません。やはり代車に乗っている間にストレスを感じてしまうドライバーさんもいるし、わざわざ修理にお金をかけなくてはいけないのも、もったいないので空ぶかしはせず、大切に乗った方が良いと思います。

エクストレイル.name

排気量が多いのでエンジンにかかる負担も大きい。

外車というのは基本的に日本車に比べて排気量が大きいですので、空ぶかしをした際にもエンジンにかかってしまう負担が非常に大きいと言われています。ターボが付いてるタイプの外車は少ないのですが、例えばターボが付いている車で空ぶかしをしてしまうとターボまで壊れてしまうような可能性がありますので、絶対にしない方が良いと思います。また空ぶかしをしてトラブルが起きてしまった場合、修理に出すにも修理をする側のスタッフというのはどんなことが原因でトラブルが起きたのか想定することができるので、必要以上に空ぶかしをするドライバーだと思われてしまい、車を大切にしないイメージがついてしまいますよ。

外車はただでさえ様々なトラブルが多いと言われていますので、わざわざ空ぶかしをして自分でトラブルを起こしてしまうようなことはしない方が良いですよね。車というのは大切に乗るのが1番大事重要な部分になり、空ぶかしをするなどというのは車をいじめているのと同じですから、ドライバーとして良い事とは言えません。やっぱり大切に車を乗っていくためにもその時の気分で空ぶかしなどはせず、できるだけ負担をかけないような運転を心がけるべきだと思います。