ヘッドレストの位置に注意

最近は車のヘッドレストを取り除いて運転しているドライバーさんを見かけることもありますが、ヘッドレストというのは必ず装着しておいた方が良いと思います。ただ自分に合っているヘッドレストの位置をしっかりと見つけて固定しておくことも重要ですね。例えば自分の首の位置にあっていない状態でヘッドレストを使っていると、知らず知らずのうちに首に負担がかかっていて、近年注目されているストレートネックになってしまうなんて言う事もあります。ストレートネックというのはパソコン等の使用によって症状が現れると言われていますが、自動車の運転をする時にもやはり気をつけなくてはなりません。

またヘッドレストが倒れ過ぎている状態で運転をしていると視界が悪くなりますし、首の部分が圧迫されてしまうこともあるので、やはり注意しなくてはなりません。自分が座る座席だけではなく、助手席や後部座席に関しても、ヘッドレストの位置には注意して設定しておいてあげると良いでしょう。自動でヘッドレストの位置を調節できるような車であれば良いですが、自分でヘッドレストの高さなどを調節しなければいけない車の場合にはごく平均的な中間地点で固定しておくと良いのではないでしょうか。また誰かを乗せる際には自分の首に合わせてヘッドレストを移動させてもらうように一言声をかけてあげたりするのも大切なことだと思います。

ヘッドレストの位置によって気持ち悪くなることもある。

ヘッドレストというのはあまり重要視されていないかもしれませんが、実際にはヘッドレストの位置が悪いと長時間車に乗っているだけで気持ちが悪くなってしまうことがあります。首というのは非常に重要な部分ですから、首の部分の血行が圧迫されたりすれば気分が悪くなってしまうこともあるし、これだけではなく、運転中に首が疲れてしまい、更に肩こりや眼精疲労などを引き起こす可能性がありますのであらかじめ、自分にぴったりと合っている位置に調節しておくと良いでしょう。

自動でヘッドレストの位置を調節できる車というのは比較的高級車になりますので、一般的な乗用車の場合には自動ではなく、自分で調整しなければなりません。少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、体のためを思えば、面倒な気持ちもなくなるのではないでしょうか。特に毎日車を運転する人や長距離の運転をする人などはヘッドレストの位置に気をつけていないと、様々な症状が起きてしまうことがあるので重要視した上でヘッドレストを固定すると良いでしょう。