長年乗っている車は脱臭も大切

自分の車を大切にして乗るというのはとても良いことだと思いますが、やはり車のシートというのは長年乗っている内にさまざまな匂いを吸収してしまい、車の中の臭いも気になるようになってきてしまうと思います。近年では車の中で使用するための消臭剤などがたくさん販売されているので、こうしたものを使用するのも良いと思いますが、定期的に車全体の脱臭を行った方が良いでしょう。全体の脱臭を行うにはどうすれば良いのかというと、修理工場などでも行ってくれる場合がありますが、コイン洗車場などに脱臭機能のマシンが置いてある場合があるので、こうしたマシンを使うと良いと思います。多くの場合には100円で利用することができますし、数種類の匂いの中から自分の好きな匂いを選んで脱臭することができると思います。

車の中の臭いというのは自分では慣れていてあまり気がつかないこともありますが、他人が車に乗った際に不愉快な思いをしてしまうようでは困りますので、定期的な脱臭をしながら更にあまり匂いが強くない芳香剤などを置いておくと良いですね。車専用の消臭剤などもたくさん販売されていますから、こういったものを利用するのも良いでしょう。リーズナブルに販売されているものを使っているだけでも車の中が臭くならないと思います。

タバコを吸う場合必ず窓を開ける

ドライバーさんの中には自分でタバコを吸う際などに車の窓を開けないで吸う人がいます。しかし車の窓を開けない状態でタバコを吸ってしまうと、シートに全てタバコの匂いがついてしまい、とても臭くなってしまうのでタバコを吸わない人が車に乗った際などには気分が悪くなってしまうようなこともあると思います。

少しでもクルマの中の空気を綺麗に保つためにタバコを吸う人は必ず窓を開けて吸うように心がけると良いでしょう。またタバコ専用の消臭剤なども販売されているので利用すると良いですね。タバコの臭いというのは吸っている本人はなかなか気がつかないものですが、吸わない人にとっては非常に不愉快な匂いだといわれていますので、他人を乗せることのある車のドライバーさんは気をつけた方が良いですね。やっぱり自分の車というのは、できれば良い匂いがしていた方がリラックスできる空間になると思いますので、車内の匂いにはくれぐれも気をつけたいものだと思います。お天気の良い日などには窓を開けておくというのも、車の中の臭いを取り除いてくれる方法です。