オイルは減るものだから追加も必要

車のオイルというのは交換することが大切です。実はオイルら少しずつ減ってしまうものですから追加も必要だということを覚えておきましょう。一般的にはオイル交換が大切だと言われているし、ガソリンスタンドやカー用品店などでオイル交換をしている人がほとんどですが、いつもより車を使う頻度が高いなどと言った場合にはオイルが減っている可能性も高いので定期的にオイルをチェックして、減っているようであれば足さなければなりません。

オイルが減った状態でそのまま気づかずに走ってしまうとエンジン内部の熱によってオイルが焼けてしまうようなことがあるし、エンジンをかける際にエンジン部分から焦げ臭いにおいがしてくることもあります。こうなってから対処しようと思っても、エンジンの内部ではトラブルが起きていて、その後の燃費が悪くなってしまうなんていうことも多いので、必要に応じてオイルを足してあげることも覚えておいた方が良いですね。ガソリンスタンド等でエンジンオイルのチェックをする際に効果についてだけではなく、量に関してもチェックしてもらうように声をかけると良いでしょう。少なくなったオイルを加えるのにはさほど高い費用も必要ではありません。

全く同じオイルではなくて良い

オイルが少なくなった際にどのようなオイルを加えれば良いのかと悩んでしまう人もいるようです。以前オイル交換した際にどのオイル使ったのか、同じオイルを使わなければならないと思っているドライバーさんもいるようですが、全く同じオイルを使わなければいけないという決まりはありませんので違うオイルを使っても良いです。ただ例えば前回オイル交換をする際にとてもグレードの高いオイルを入れているなどといった場合には、オイルを加える際にグレードの低いオイルを加えてしまうと、一時的に燃費が悪くなったりすることがあるので、この場合は注意が必要だと思います。

日頃から自分が入れているオイルのグレードを覚えておくようにしておくと助かるのではないでしょうか。オイルというのは種類によって多少の違いはあるものの、さほど大きく金額が違っているものではなく、グレードによって価格帯が決められていますので参考になると思います。リーズナブルなオイルに高級なオイルを加える分には問題ありませんが、高級なオイルにリーズナブルなオイルを加えてしまうというのは燃費が悪くなってしまう原因なので気をつけなくてはなりません。ガソリンスタンドの場合には比較的高級なオイルがおいてありますので問題ないでしょう。