雨の日はいつもより車間を開けて

雨の日の道路というのはとても滑りやすい状況になっているためスリップ事故などが多発すると言われています。それでも日頃から車の運転をする人の場合には特にスリップ事故などを意識していないことが多いので、いつもと同じような感覚で走ってしまいますね。でもやはり雨の日というのはブレーキのききかたが違っていますし、例えばマンホールの上などの場合には、タイヤがスリップしてしまいすぐにブレーキが効いてくれないなんていうことがあります。また視界も悪くなりますから様々な理由で事故を起こしてしまう可能性が高くなりますよね。

雨が降っている日の運転というのはいつもの癖のまま運転してしまうのではなく、いつもより前の車との間隔をあけたほうが良いと思います。普段から車間距離を取って走行するというのはもちろん大切なことになりますが、雨の日は更に意識しながら車間距離をしっかりと取った方が良いでしょう。視界の悪い状態でなおかつブレーキの効きにくい状態となっていますので、いつもと同じような感覚で運転すると、思わぬところで事故を起こしてしまうようなこともあります。

大きなトラックの後ろは特に注意が必要

一般的な乗用車に比べると、トラックというのはブレーキの効き目なども良いので、スピードを出してしまうようなことがあります。しかし、こうしたトラックに続いて一般的な乗用車がスピードを出してしまうと前のトラックがブレーキを踏んだ際にブレーキの効き目が間に合わず追突事故を起こしてしまうなんていうことがあります。またトラックは乗用車に比べると視界が高いので、前方の信号などをしっかりと把握することができていますが乗用車の場合には、こういった情報を把握することができませんので、突然ブレーキを踏んでも対処することが難しいと思います。

雨がひどい時だけに関わらず、前の車には注意することが必要ですが、雨が降ってるときには更に気をつけなくてはなりません。特にトラックが前を走ってるときには前の様子がわからないので車間距離をしっかり取りながらどんな状況になってもすぐにブレーキをかけるような心構えが必要だと思います。前の車がブレーキを踏んだら自分もふめばあ良いという感覚ではなく、いつ前の車がブレーキを踏むかわからないという気持ちを持ちながら運転するだけでも事故を回避することにつながっていくと思いますよ。雨の日は比較的、運転に対する集中力も散漫になると言われているので注意しましょう。