狭い通路ではタイヤを真っ直ぐにして!

狭い道路でのすれ違いはよほど車の運転に慣れている人でなければ動揺してしまうものだと思います。しかし狭い車ですれ違いをする際に、無理に車を動かそうとしてタイヤを動かしてしまったりすると反対に相手の車には迷惑になることがありますので覚えておくと良いでしょう。まず、狭い道でのすれ違いというのが基本的にタイヤをまっすぐにすることが大切になります。車と車がすれ違うのにギリギリの幅しかないような道路の場合にはミラーをたたんですれ違いをするなんていうドライバーさんもいるほどですよね。しかし、このようにすれ違いをするというのもやり慣れていなければできないことだと思いますので、無理にする必要はありません。ただタイヤに関してはまっすぐにしておかないと対向車がすれ違いをする事が出来なくなってしまいます。

中年女性などの場合には少しでも車を動かそうとして、まだすれ違いをしている最中にタイヤを傾けてしまう事がありますが、このようなことをすると対向車のタイヤ部分に自分の車のタイヤがぶつかってしまうなんていうこともあるので、不安を感じている場合にはタイヤを真っ直ぐにした状態で対向車が通り過ぎてくれるのを待つようにしましょう。

フィットシャトルハイブリッド値引き

どうしても無理な時は対向車に頼んでしまうのも一つの方法です。

例えば日頃自分が運転している車ではなく車検で代車に乗っているなんていう場合、自分の車とは感覚が違うので、狭い道ですれ違いが怖いという人もいます。すれ違いをしなければならない場面ではどうしても無理をしてしまうことが多いのですが、あまりにも不安を感じてしまったり、どうすれば良いのかわからなくなってしまったときは一度車のギアをパーキングに入れてサイドブレーキを引いた上で対向車の運転手さんに事情を説明して車を動かしてもらうということも必要だと思います。

下手に車を動かしてしまいすれ違いが出来なくなったり、相手の車に傷つけてしまうというのはもちろん大変なことになりますが、自分が乗っている車に傷つけてしまうのだって大変なことなので、どうしても無理だと思うような場合には、対向車のドライバーさんに頼ってしまうと良いでしょう。事情を説明すれば理解してくれると思います。このように事情を説明することが恥ずかしいなんて思って無理をするとさらに大きなトラブルに発展してしまうようなケースもあるので、どうしても無理だと判断した場合には頼るのも良い方法だと思います。