車幅感覚を掴むコツ

車の運転をする際に自分の車の車幅感覚をしっかり掴んでおかないと、車を擦ってしまったりしてしまったりするようなことがあります。女性の場合には特に車幅感覚をつかむのが難しく、運転に不安を感じてしまうこともあるようですが、どのようにして車幅感覚をつかめば良いのかというと、とにかくこれに関しては練習するしか方法がありません。練習方法としてはできるだけ狭い道路などで左に寄りながら走るというのが1番の方法になりますが、これ以外でも大きな道路で左側の白線に合わせて走るということを目安にしていきましょう。

前後の車幅感覚というのはある程度つかむことができるし、最近ではカメラが付いている車も多くなっているので、さほど大きな問題にはなりませんが、左の感覚というのはしっかり掴んでおかないと車を傷つけてしまったり事故を起こす可能性が高くなります。運転席からの感覚ですので、どの程度車が左に寄っていればぎりぎりなのかということを覚えておくと良いですね。初めから壁などで練習をしてしまうと、間違って車を傷つけてしまう可能性も出てくるので、まずは白線で練習するのが良いと思います。練習するときにはあくまでも日頃自分が運転する際の姿勢を保つようにして左の白線や壁との距離を把握していくようにすると良いですね。

暗い時間よりも明るい時間の練習の良い

暗い時間帯になるとどうしても他の車はスピードを出してしまうような傾向にあるため、明るい時間帯にゆっくりと練習した方が良いと思います。また近くに大きなと駐車場などがあれば、こういった駐車場で練習するというのも良い方法ではないでしょうか。デパートの駐車場などの場合には他の車にも迷惑になってしまいますが、それでも空いている日などであればある程度練習する事は可能だと思います。

またこの他練習することに向いている場所としては大きな総合公園などの駐車場になりますね。こういった駐車場もやはりとても広いので、感覚もつかみやすいと思います。まずは左の感覚をつかむことが最も重要なので、白線が引いてあるということを基準にしながら練習場所を探してみると良いですね。そしてハンドルを一気に切るのではなく、少しずつ左にハンドルを切りながらどのくらい左に寄ったら最もギリギリに寄っている状態なのかということを確認しましょう。最近は助手席のミラー部分にカメラが付いている車も出てきていますが、カメラに頼りきってしまうのではなく自分でも車幅感覚をつかむことが大切です。