車に詳しくなる最低限の知識など

以前はマニュアルの車が多かったので、エンジンブレーキを使いながら運転するドライバーさんも沢山いたのですが、最近はオートマチックの車ばかりになってきているのでエンジンブレーキを使うなんていうドライバーさんは少なくなっているようです。またエンジンブレーキを使うときにはやはり車のスピードを抑えたいという目的で使う人が多く、他の用途でエンジンブレーキを使うことはないなんて言うドライバーさんも増えました。確かにエンジンブレーキというほどですから、ブレーキとして使用するのはもちろんですが、そもそもエンジンブレーキというのはブレーキのためだけに装備されているものではありません。

例えば山道を登っていくなんていう場合に、エンジンブレーキをかけるのと同じようにオートマチックの車の二速や三速に落とした状態で登っていくと低速でパワーを発揮することができるので普段よりも車が登っていきやすくなります。こうしたことを知らずに運転しているドライバーさんはとても多くなっていますよね。もっとエンジンブレーキの使い方について自動車学校などでも詳しく教えていくと良いと思いますね。それから高速道路等を運転している際にインターチェンジが近づいてくると突然エンジンブレーキをかけてしまうようなドライバーさんもいるようですが、オーバードライブが付いていない場合にはエンジンブレーキを急にかけてしまうと後続の車に追突されてしまう可能性があるので一度ブレーキを踏んでブレーキランプを点灯させた上でエンジンブレーキをかけるようにするなどといった工夫も必要になると思います。

車が便利になれば、運転技術が低下する

マニュアルからオートマチック車が多くなってきたことによってこれだけでも運転技術の低下というのはとても注目されています。やっぱりマニュアルの車の方が集中して運転をしますし、オートマチックの車の場合には運転中に様々な余裕が出来てしまうため脇見運転や集中力が欠けて居眠り運転をしてしまうなんていうこともあるようです。

また、現在でも自動でブレーキをかけてくれる車や、今後は更に車が便利になっていくなんて言われていますが、このように車が便利になればなるほど、運転技術そのものがどんどん低下してしまいますから、自分の中でしっかりと運転技術を磨いておく必要があるのではないでしょうか。便利になるのは良いことですが、運転技術が低下してしまい事故を起こしてしまう可能性が高くなるのは避けたい部分ですね。